痛風は遺伝するの?その真偽を徹底検証!

TOP » そもそも痛風とは? » 遺伝するの?

遺伝するの?

「痛風は遺伝する」というウワサを、聞いたことありませんか?もし本当だとすれば、私の主人が痛風になったのは遺伝のせい?それに、これから生まれてくる子どもも痛風になるの?なんだか気になり始めたので、その真偽を調べてみました。

監修医師:山崎 昌洋先生

幸手クリニック院長

痛風は遺伝的な要素もある

「痛風は遺伝的な要因も大きい」という調査結果が、ノッティンガム大学(イギリス)のチャン・フー・クオ氏の研究で発表されています[注1]。台湾の420万世帯!!を調査したところ、両親や兄弟など近親者(第1度近親者)に高尿酸血症の人がいると、自分も高尿酸血症を発症するリスクが2倍に上昇。また、祖父母や甥・姪など第2度近親者に痛風の患者がいると、痛風になるリスクが男性は1.27倍、女性は1.4倍になると報告しています。特定の遺伝子の異常によって生じる遺伝性疾患としての痛風は非常に稀です。一方、尿酸に関与するものの、影響の弱い遺伝子の出現頻度は高く、「尿酸が高くなりやすい体質は遺伝する」と言えます。[注2]。

原因のひとつは「同じ生活習慣」

残念ながら、痛風のなりやすさには遺伝の影響もあるのですが、「同じ生活を送っている」ことも原因のひとつとなっています。長年、同じ食事を食べ続け、同じ行動パターンを繰り返していれば、誰かが痛風になったら自分も痛風になる可能性は高くなるでしょう。なお、遺伝かもしれないと思ったら調査してくれる機関があります。調査費は1万円ちょっとしますが、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。[注3]。

親子で痛風持ちの方の体験談を紹介!

実際に、親子など近親者に痛風がいる家庭の体験談をインターネット上で調べてみると、意外とたくさんの体験談が見つかります。いくつかの体験談を読むことで、遺伝が原因かどうかもわかってくるかもしれません。

「食事内容の違う弟が痛風になり、遺伝だと確信しました」(20代・男性)

私が痛風を発症したのは、おそらく高校のときです。「おそらく」というのは、そのとき病院に行かなかったのです。ちょうど体育祭の前でしたので、足の親指にテーピングして出場しました。それから7年。喘息の治療で病院に行き、血液検査をしてもらったところ、尿酸値が異常に高いことが判明。「いつ発作が起きてもおかしくない」と医師に告げられ、あのときの痛みが痛風であったことがわかりました。親も祖父母も痛風ではなく、母親は徹底した食事管理のもとメニューを出していたので、暴飲暴食はしたことないし、お酒も飲みません。そんな自分がなぜ痛風に…。それが遺伝だとわかったのは、間もなくのことでした。弟も痛風を発症したのです。弟は消化器系に障害があって、食事について制限されていました。メニューが違うこともありましたし、暴飲暴食などできる体質ではありません。私たち兄弟だけが遺伝で痛風になったようです。

「父親みたいに痛風にはならないと誓っていたのですが…」(40代・男性)

親父が痛風で、足を引きずりながら歩いている姿をよく見かけました。親父にしょっちゅう怒られていた私は、心のなかで「俺は絶対に痛風にはならない」と思っていました。それから10数年。突然、右足首が痛み出し、翌日には足首がパンパンに腫れて、ものすごい激痛が襲いました。「絶対に痛風にはならない」と思っていたのですが、医師の診断で痛風であることがわかりました。これは遺伝だなと初めは思っていましたが、振り返れば毎日酒を飲み、プリン体の多い料理が大好きな食生活の繰り返し。痛風になって当然の生活を送っていたのです。親父、俺が悪かったよ…。

「親父と一緒の痛風だと認めたくなくて…」(40代・男性)

痛風歴20年くらいです。親父も痛風持ちでした。最初に発作が起きたは、24歳くらいのとき。このとき、激痛とまではいかなかったので痛風とも知らず病院に行きませんでした。ちょっと痛くなったら、酒を飲んで痛みを蹴散らしていたくらいです。でも、親父が痛風だったので何となく自分も痛風だとは感じていました。でも、認めたくなかったんです。ところが翌年、ついに激痛を伴う発作が!さすがに病院へ行き、正式に痛風と診断されました。それでも、痛みがなくなるとお酒を飲み始めるんですね。それを病院の先生に言うのも嫌で、しばらく行かなくなったこともあったのですが…天罰として2回目の発作が襲います。現在は月に1回の検査は欠かさず、薬もきちんと飲んでいます。それでも、お酒はやめられません。一時期より減らしましたが、お酒こそ人生の楽しみですから。

さゆりのワンポイントアドバイス

遺伝は特異なケース。まずは生活習慣の見直しから

痛風と遺伝の関係について、医学的にはさまざまな研究が進んでいるみたいだけど、遺伝はすごくレアなケース。実際の体験談を調べてみても、遺伝が原因だというのは、ほとんどありませんでした。家族に痛風がいるという家庭は、生活習慣が似ていることが原因なんでしょう。逆に、そのほうが改善しやすいってことでもあるし、予防もできるわけだし。発作を起こすとすごく辛いので、日々の生活を見直しながら健康的な毎日を送りましょう!

参考文献

  • [注1]日本医療・健康情報研究所「痛風は若い世代でも増えている 遺伝との関係を解明」
    <http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2013/003272.php>2018年1月20日アクセス
  • [注2]公益財団法人 痛風財団「尿酸値を上昇させる要因」
    <http://www.tufu.or.jp/gout/gout2/63.html>2018年1月20日アクセス
  • [注3]株式会社ファロール「痛風と遺伝は関係あるの?ついに判明した事実とは?」
    <https://tuufuu.net/knowledge/iden/>2018年1月20日アクセス

よく読まれているコンテンツ

  • 痛風改善の食事3つのオキテ 飲み物編
  • 旦那さんのための痛風改善レシピ
  • 食べ物に含まれるプリン体はどれくらい含有量ランキング

このページの先頭へ

☓

痛風に良い温泉水を調査