お酒は飲んでもいいの?【痛風の食事ガイド】

TOP » 痛風を改善する一番のカギ「食事」 » お酒は飲んでもいいの?

お酒は飲んでもいいの?

痛風のもととなる「プリン体」。テレビCMなどで、その名称を知っている方も多いと思います。そして、プリン体がビールに多いということも。では、ビール以外の酒類だとプリン体を気にしなくてもよいのでしょうか?ここでは、日本酒や焼酎、ワインなどの洋酒を含めアルコール飲料に含まれるプリン体の量や、お酒と尿酸値との関係について紹介しましょう。

ビール以外ならお酒を飲んでもOK?

プリン体を多く含むお酒といえば、ビールです。メーカーや商品にもよりますが、ビールには100mlあたり3.3~6.9mgのプリン体が含まれています[注1]。ビールの大瓶1本で換算すると最大約44mgです。では、ビール以外の酒類には含まれていないかといえば、答えはNOです。例えば、低アルコールビールだと100mlあたり最大13.0mg、日本酒だと1.2mg、ワインやブランデーにも0.4mgのプリン体が含まれます。なお、焼酎にはプリン体はほとんど含まれていません。とはいえ、日本痛風・核酸代謝学会では、尿酸値を上げずに1日に飲める目安として、ビールで中瓶(500ml)1本、日本酒が1合などとしており、他の病を考えても「お酒はほどほどに楽しむ分にはOK」というのがいちばん適しているといえるでしょう。

アルコールが尿酸値を上げる

ビール以外のお酒でも尿酸値が上がることは、これまでの研究でわかっています。アルコール全般に関して、尿酸の産生を増加させる作用があるのです[注2]。「アルコールには利尿作用があるから、尿酸値は下がるのでは?」と思われる方もいるかと思います。しかし、アルコールは尿中の尿酸排泄を阻害するはたらきや、尿酸は濃縮する作用があるため[注3]、その結果、尿酸値は上がることもわかっています。さらに、アルコールには酒の肴(つまみ)がともないます。これにも多くのプリン体が含まれていますから、つまみや酒の種類に関係なく、アルコールを摂取すれば尿酸値は上がる運命にあると考えたほうがよいでしょう。

お酒を飲むなら適量に!

晩酌などお酒を飲むのを1日の楽しみにしている方も多いと思いますが、アルコールには尿酸値をアップさせる作用があるため痛風の方には注意しなければならない存在です。とはいえ、お酒をまったく飲まないことがストレスとなって別の病を引き起こすことになれば、本末転倒でしょう。「酒は百薬の長」ともいいますから、「お酒はほどほどに楽しむ」というのがいちばん適切な飲み方ではないでしょうか。

お付き合いで飲まなきゃいけないときはどうすればいい?

酒宴の席で飲む機会が多いという方も、いらっしゃるでしょう。そういう方は、飲んだ後に水をたくさん飲むようにしましょう。一般的に、肝臓がアルコールを分解する際には大量の水が必要といわれます。とりわけ、利尿作用の強いビールを1リットル飲むと、1.1リットルの水が必要だとされています[注4]。ですから、たくさん飲んだ後はたくさんのお水を飲むことが大切なのです。また、休肝日を設けることもお忘れなく。できれば、週2日以上「お酒を飲まない日」にするよう、ライフスタイルにあわせて設けるようにしましょう。

お酒を飲んでしまった翌日の食事とは?

アルコールは、肝臓で分解され体外に排出されます。大量にお酒を飲むと肝臓が頑張って仕事をしますので、お酒を飲んだ翌日には肝臓を元気にする食品をとるように心がけましょう。アミノ酸やビタミンBを含む食品がおすすめ[注5]。アミノ酸は魚や肉、ご飯などに多く、またビタミンBは豚肉、うなぎなどに含まれます。飲み過ぎた翌日は、こうした食品を使った食事をとるように心がけましょう。

さゆりのワンポイントアドバイス

プリン体の摂取も考えて、お酒はほどほどに楽しもう!

お酒は「百薬の長」といわれますが、飲みすぎると痛風のリスクを高めるほか、さまざまな病の一因となりますから、ほどほどに楽しむことが大切。お酒を飲む際、摂取エネルギーが気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、尿酸値の高い方にとっては摂取エネルギーだけでなくプリン体についても注意したいところですよね。とりわけビール党の方は、たくさん飲み過ぎないように「ほどほど」楽しむように心がけましょう!

参考文献

  • [注1]公益財団法人 痛風財団「食品中のプリン体含有量」
    <http://www.tufu.or.jp/gout/gout4/73.html>2018年1月20日アクセス
  • [注2]Faller J, et al. Ethanol-induced hyperuricemia: evidence for increased urate production by activation of adenine nucleotide turnover. N Engl J Med 307: 1598-1602, 1982.
  • [注3]丸山勝也, 横山 顕. アルコールと代謝疾患-糖尿病、痛風. 白倉克之, 丸山勝也(編)アルコール医療入門, pp.41-44, 振興医学出版, 東京, 2001.
    <https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-012.html>
  • [注4]株式会社日経BP「飲み会続きで尿酸値が心配 ドクターのアドバイスは?」(2017)
    <https://style.nikkei.com/article/DGXMZO24520400S7A211C1000000?channel=DF140920160927>
  • [注5]株式会社日経BP「飲み会続きで尿酸値が心配 ドクターのアドバイスは?」(2015)二日酔いの朝、カラダを復活させる即効リセット術

よく読まれているコンテンツ

  • 痛風改善の食事3つのオキテ 飲み物編
  • 旦那さんのための痛風改善レシピ
  • 食べ物に含まれるプリン体はどれくらい含有量ランキング

このページの先頭へ

☓

痛風に良い温泉水を調査