卵は食べ過ぎると痛風になる?気になるプリン体の量を調査

TOP » 食べ物に含まれるプリン体はどれくらい?含有量ランキング » 

食品に含まれるプリン体は、体内で分解されて尿酸となります。この尿酸が増えすぎると血液中に蓄積し、足の指や関節に激痛が起こる「痛風」の引き金となるので要注意。健康診断で尿酸値が高いと指摘されている人などは、食生活でのプリン体摂取量を少なくしていく努力が必要です。上手に尿酸値をコントロールするためにも、食品それぞれに含まれるプリン体の量を知っておきましょう。

卵のプリン体含有量ランキング

ビタミンCと食物繊維以外の栄養素をすべて含んでいる卵は、完全栄養食と言われるほど栄養価の高い食品。それゆえに、「プリン体の量も多いのでは…?」と心配している人もいると思います。ここでは、そんな卵にどれくらいプリン体が含まれているのか、毎日の食事にどう取り入れていくのが望ましいのか、といった情報をまとめています。痛風の人はもちろん、尿酸値の高さが気になっている人も要チェックです。

1位:鶏卵 0mg

2位:うずら卵 0mg

卵にプリン体は含まれないので安心して食べてもOK

鶏卵・うずらの卵ともに、100gあたりのプリン体量はゼロ。プリン体は細胞の核酸に含まれている成分で、細胞が多いほどプリン体は多くなります。しかし卵は1個が1つの細胞であるため、気にするような量は含まれていないのです。食事で痛風を防ぐという観点から見れば、卵はまったく問題ないと言えるでしょう。

卵を食べる時のポイント

卵は良質なたんぱく質を補給できる心強い味方!

栄養価が高くプリン体を含まない卵は、日々の食事に取り入れやすい食材のひとつ。プリン体の多い肉や魚を控えなければならない痛風患者にとっては、良質なたんぱく質を摂取できる強い味方です。ただし、卵は尿を酸性化するという特徴があるため、食べすぎには注意。カロリーの問題もありますから、1日2個程度に留めておくとよいでしょう。また、卵を食べる際には野菜・海藻などのアルカリ性食品をプラスすることもお忘れなく。

おすすめの食べ方・調理方法

卵にはプリン体が含まれていないため、湯通しなどをする必要はありません。目玉焼き・ゆで卵・オムレツ・スクランブルエッグなど、どんな調理法でもOKです。ただし、だしを使用する出汁巻き卵や茶わん蒸しなどの料理は、使用するだしにプリン体が多く含まれるので注意。昆布茶をだし代わりに使うなどの工夫をしましょう。

さゆりのワンポイントアドバイス

プリン体を気にせず食べられる

プリン体の含有量がゼロで、さまざまな栄養をバランスよく含んでいる卵。和食・洋食・中華とどんなメニューにも使いやすく、プリン体を気にせず食べられるというのがいいわね。コレステロールが気になる…という人もいるかもしれないけど、卵に含まれるオレイン酸にはコレステロールの数値を下げる働きがあるとのこと。食べ過ぎによるカロリーオーバーさえ気をつければ大丈夫よ。

よく読まれているコンテンツ

  • 痛風改善の食事3つのオキテ 飲み物編
  • 旦那さんのための痛風改善レシピ
  • 食べ物に含まれるプリン体はどれくらい含有量ランキング

このページの先頭へ

☓

痛風に良い温泉水を調査