痛風の人は要注意?魚類のプリン体含有量をチェック

TOP » 食べ物に含まれるプリン体はどれくらい?含有量ランキング » 魚類

魚類

どんな食べ物にも含まれているプリン体は、体内で尿酸となって痛風の原因となるもの。ひとたび痛風に罹患すると一生付き合っていかなければならないため、できるだけプリン体の量を抑えて予防に努めたいものです。ここでは、一般的に「プリン体が多い」と思われている魚類についてまとめています。

魚類のプリン体含有量ランキング

痛風を引き起こす尿酸は、食べ物に含まれるプリン体を原料として生成されるもの。尿酸の量を増やさないようにするには、プリン体の摂取量を抑えることが重要となります。プリン体は「美味しいもの」に含まれるといわれていますが、魚類はどうなのでしょうか?種類によってどんな違いがあるのか、食べ方のポイントや注意点とともにご覧ください。

1位:あん肝の酒蒸し 399.2㎎

2位:いわしの干物 305.7㎎

3位:カツオ 211.4㎎

部位や調理法によってプリン体量が大きく異なる食材

魚類のプリン体含有量は、100gあたり120~200mgほどのものが多め。普通に食べる分には心配ないレベルですが、種類によっては気をつけた方がいいものもあります。まず、日本人が好むマグロは157.4㎎、カツオは211.4㎎とプリン体含有量が多くなっています。干物になるとうま味が凝縮してプリン体も増えるため、200~300㎎と非常に高くなるので要注意です。サケやウナギなどは100㎎前後なので、比較的食べやすい魚類と言えるでしょう。あんこうも身の部分は70㎎・生のあん肝は104.3㎎と低いのですが、あん肝の酒蒸しになると399.2㎎と非常に高くなります。このように調理法によっても大きくプリン体量が変わるので、気をつけていきたい食材です。[1]

魚類を食べる時のポイント

プリン体を抑えるには、食べる量に気をつけることが大事

マグロやカツオはプリン体がそこそこ高く、刺身だと6~7切れ程度で100g。しかも、尿を酸性に近づける酸性食品であるため、食べすぎには気をつけたいものです。ウナギは意外とプリン体が少なく、安心して食べられる食材のひとつ。しかし、甘い蒲焼のタレやごはんでカロリーが高くなりやすいため、白焼きにして少量をつまむなどの工夫をすると◎です。お酒のおつまみとして人気のある「あん肝の酒蒸し」は、高プリン体食品なので要注意。1人前がおよそ60gとしても、200㎎程度のプリン体を摂取することになります。また、アルコールにも尿酸値を高める働きがあるため、食べすぎ・飲みすぎには注意しましょう。他の魚についてのプリン体量はほとんど問題ありませんが、それでも食べすぎると痛風の原因となることがあります。低プリン体であっても油断しないようにしてください。[2]

おすすめの食べ方・調理方法

魚類は、焼く・揚げるといった調理法ではプリン体の量がほとんど変わりません。しかし、プリン体は水溶性のため、茹でたり煮たりすることで量を減らすことができます。この工程を行うことでプリン体を2~3割も減少させられるので、ぜひ取り入れるようにしてみてください。ただし、調理をしたときの茹で汁・煮汁にはプリン体が溶け込んでいるため、こちらは飲まないようにするのがポイント。煮汁をごはんにかけたり、煮こごりを食べたりするのはNGです。また、お鍋の具材に魚類を使ったときは、締めのおじやはあきらめましょう。[3]

さゆりのワンポイントアドバイス

魚の種類や部位によってはプリン体の多いものがある

DHAを多く含む魚類は、健康のためにも毎日食べたい食材。魚の種類や部位によってはプリン体の多いものがあるので、痛風の人や尿酸値が高い人は食べすぎには気をつけた方がいいようね。でも、茹でる・煮るといった調理法でプリン体の量は減らせるから、お魚好きの人でも大丈夫!魚類を食べるときは、野菜や海藻などのアルカリ性食品と水分をしっかり摂るようにすると、バランスがとれるわよ。

よく読まれているコンテンツ

  • 痛風改善の食事3つのオキテ 飲み物編
  • 旦那さんのための痛風改善レシピ
  • 食べ物に含まれるプリン体はどれくらい含有量ランキング

このページの先頭へ

☓

痛風に良い温泉水を調査