痛風改善メニュー「牛乳きな粉餅」の作り方まとめ

TOP » 痛風改善の食事3つのオキテ~その3・専用の料理を作る~ » 牛乳きな粉餅

プリン体の少ない乳製品を使った簡単デザート
牛乳きな粉餅

さまざまな食品に含まれるプリン体は、摂りすぎると痛風の原因になってしまうもの。痛風患者はもちろん、尿酸値の高さが気になる人も量を抑えていく必要があるわ。でも、ほとんどの食品にプリン体は含まれているから、毎日のメニュー作りも大変よね。そこで、ここでは痛風を改善・予防していくためのレシピをご紹介。管理栄養士がプリン体の量や栄養バランスを考えてくれたものだから安心よ!

監修:管理栄養士内藤 麻里子

痛風改善!牛乳きな粉餅の作り方

材料(2人分)

  • 片栗粉…30g
  • 砂糖…40g
  • 牛乳…160g
  • きなこ…大さじ3
  • 砂糖…大さじ1
  • 塩…ひとつまみ

作り方

  1. 鍋に片栗粉、砂糖(40g)、牛乳を入れて火にかけます。中火で底が焦げないようによく混ぜます。
  2. 1を、水で濡らした容器に入れ、そのまま室温で粗熱を取ります。
  3. しっかり冷めたら濡らした包丁やスプーンで一口大に切ります。
  4. 合わせたきなこ、砂糖(大さじ1)、塩をまぶして皿に盛ります。

牛乳はプリン体の少ない食品

牛乳は低プリン体だけではなく、カルシウムの吸収率も高い食品です。牛乳のコクと片栗粉の弾力で少量でも腹持ちのよいおやつになります。

さゆりのワンポイントアドバイス

食事だけでなく毎日の水分摂取にも気を配って!

食事に気をつけることは大切だけど、痛風を改善するには水分の摂取も重要ポイント。体内の水分量が減ると尿酸値が上がりやすくなり、痛みや腫れといった発作が起きやすくなるの。水分はのどが渇いた…と思う前に、こまめに飲むことが大切よ。また、水分を摂取するならアルカリ性の温泉水(炭酸水素塩泉)がおすすめ。「料理に使う」のではなく、「料理と一緒に飲む」ようにしてね。

よく読まれているコンテンツ

  • 痛風改善の食事3つのオキテ 飲み物編
  • 旦那さんのための痛風改善レシピ
  • 食べ物に含まれるプリン体はどれくらい含有量ランキング

このページの先頭へ

☓

痛風に良い温泉水を調査