痛風改善メニュー「豚肉の彩りロール」の作り方まとめ

TOP » 痛風改善の食事3つのオキテ~その3・専用の料理を作る~ » 豚肉の彩りロール

チーズを使ってコクをプラス!
豚肉の彩りロール

痛風を引き起こす尿酸値を下げるには、食事内容の見直しが第一!尿酸のもととなるプリン体の摂取量を減らすことで、痛風のリスクを低下させることができるわ。ここでは、管理栄養士が考えた痛風予防の専用レシピを掲載。簡単に作れて栄養バランスもバッチリ、プリン体の量も少なくなっているので安心よ。調理のポイントは他の料理を作るときにも役立つので、こちらもぜひチェックしておいてね。

監修:管理栄養士内藤 麻里子

痛風改善!豚肉の彩りロールの作り方

材料(2人分)

  • 豚肩ロース肉(薄切り)…9枚
  • 塩・こしょう…少々
  • スライスチーズ…3枚
  • にんじん…1/2本
  • いんげん…9本
  • 薄力粉…大さじ2
  • サラダ油…大さじ1
  • しょうゆ…大さじ1・1/2
  • 酒…大さじ1
  • 砂糖…大さじ1/2
  • みりん…大さじ1
  • 水…大さじ1
  • 白ごま…少々

作り方

  1. にんじんは皮をむき、10cm長さの棒状に切ります。いんげんは筋を取ります。それぞれ色よく茹でます。
  2. 豚肉は3枚をラップの上に少しづつ重ねながら15㎝ほどの長さに広げ、塩・こしょうします。スライスチーズをのせ、3等分に分けた1を中心において、端から巻きます。両側を内側に入れ込みます。
  3. 2に薄力粉を薄くまぶし、サラダ油を熱したフライパンでこんがりと焼きます。しっかりと焼き目がついたら取り出します。
  4. 3のフライパンの油をふいて、しょうゆ、酒、砂糖、みりん、水、白ごま少々を入れて弱火で煮詰めます。とろみがついてきたら3をからませます。
  5. 粗熱が取れたら、食べやすい大きさに切ります。仕上げに白ごまをふります。

プリン体の含有量が少ないチーズでお腹も満足!

乳製品はプリン体がごく少量しか含まれていません。チーズを使ってプリン体の多いお肉を少ない量でも満足感のある1品に仕上げましょう。

さゆりのワンポイントアドバイス

水分補給には温泉水を取り入れるのがおすすめ

痛風を防ぐためには、食事に気をつけるだけでなく、水分をしっかり摂取することも大事!尿の量が減ると体内の尿酸値が上がりやすくなり、痛風のリスクも高まってしまうの。これを避けるためには、1日2リットルを目安にこまめに水分を補給したいわね。せっかくお水を飲むなら、痛風に良いものがおすすめ。尿をアルカリ性にしてくれる温泉水(炭酸水素塩泉)なら尿酸の排出を活発にしてくれるし、カロリーもないから安心よ!料理に用いるのではなく、食事と一緒に飲むようにしてね。

よく読まれているコンテンツ

  • 痛風改善の食事3つのオキテ 飲み物編
  • 旦那さんのための痛風改善レシピ
  • 食べ物に含まれるプリン体はどれくらい含有量ランキング

このページの先頭へ

☓

痛風に良い温泉水を調査