痛風改善メニュー「わかめとツナの混ぜご飯」の作り方まとめ

TOP » 痛風改善の食事3つのオキテ~その3・専用の料理を作る~ » わかめとツナの混ぜご飯

1品でバランスのとれるスピードメニュー
わかめとツナの簡単混ぜご飯

食品に含まれるプリン体を摂りすぎることで発症すると言われている痛風。この病気を防ぐには、毎日の食事内容を見直し、改善していくことが第一なの。でも、痛風予防のメニューをどうやって考えたらいいか分からない…という人も多いわよね。そんな人のために、ここでは管理栄養士が考案した痛風改善レシピを紹介!材料や作り方はもちろん、プリン体を減らすための工夫なども記載してあるので、お役立ち度は満点よ。栄養バランスも味もバッチリだから、ぜひ参考にしてみてね。

監修:管理栄養士内藤 麻里子

痛風改善!わかめとツナの簡単混ぜご飯の作り方

材料(2人分)

  • 白飯…茶碗2杯分
  • 醤油…大さじ1・1/3
  • ツナ缶…小1/2缶
  • 酒…大さじ1・1/2
  • 人参…40g
  • 白ごま…少々
  • わかめ…15g
  • 青菜…25g

作り方

  1. 人参を2㎝のせん切りにします。
  2. わかめは水に戻し、2㎝長さに切ります。
  3. 青菜も塩茹でし、2㎝長さに切ります。
  4. 鍋に1の油分を軽く切ったツナ缶を入れ、醤油と酒を加えて火にかけます。煮汁がなくなるまで煮詰めます。
  5. 炊きあがったご飯に4と2をさっくりと混ぜ合わせ、器に盛ります。

海藻は尿酸を溶かして体外へ排出!

わかめなどの海藻は尿アルカリ化食品と言われ、尿酸を溶かして体外へ排出してくれます。また、ツナには血液をサラサラにしたりコレステロールを下げることが期待される不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。少量の油分でコクと満足感をプラスしましょう。

さゆりのワンポイントアドバイス

食事には、尿酸の排出を促してくれる温泉水をプラスして

痛風を防ぐには、体に尿酸が蓄積しないようにすることが大事。尿酸を排出するためには尿をアルカリ性に傾けて、尿酸が溶けやすい状態にすることがポイントなの。食事からアルカリ性食品を摂ることも大切だけど、とにかくお手軽なのはアルカリ性の温泉水(炭酸水素塩泉)を飲むこと!温泉水は尿酸の排出を活発にしてくれるし、利尿作用もあるので痛風の予防にはうってつけよ。調理に使うのではなく、食事のお供にしてね。

よく読まれているコンテンツ

  • 痛風改善の食事3つのオキテ 飲み物編
  • 旦那さんのための痛風改善レシピ
  • 食べ物に含まれるプリン体はどれくらい含有量ランキング

このページの先頭へ

☓

痛風に良い温泉水を調査